忍者ブログ

おいも★にっき

猫エイズキャリアのねこ、おいも。おいもが元気に20歳(はたち)をむかえるまで書き続ける日記です。先住猫は9歳の黒猫、ソラ。

2019/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013年7月5日。午後7時ごろ、当時家を建替え中で仮住まいをしていた家のそばで一匹の仔猫に出会いました。見かけたことのない毛足の長い仔。近づいても逃げず、その見た目からどこかの飼い猫かなと思われたのでひとしきり撫でてから帰宅。その後、一時間ほどして娘が会社から帰宅。まだあの仔猫が道端にいたとの報告を受け、保護しました。薄暗がりでよく分からなかったのですが
保護してみたら毛はよれよれ、ガリガリの生ごみ状態。目は両目とも白濁。家には先住猫、箱入り息子ソラがいるので正直「あちゃ~やばいわ~。」あわてて近くの獣医さんに時間外で診てもらいました。月齢3ヶ月くらいの女の子。目は猫風邪をこじらしたことによる角膜の癒着。人なれしているので飼われていたんじゃないかとのことでした。なにはともあれ、出会ってしまいました。どうしようとおろおろしながらも新しい生活のスタート。名前は先住猫ソラ(男の子)の妹、見た目の色が焼き芋っぽい、で「おいも」
一緒に生活し始めて五ヶ月。あの「生ごみ」もすっかりもふもふのきれいな仔猫に変身。目は角膜癒着の切開手術を受けましたが、白濁が瞳の中心に残っています。それでもちゃんと見えてる。先住猫ソラとはつかずはなれず・・。元気一杯の日々でしたが、おとといから嘔吐がひどく、あわてて病院へ。腸の動きが悪いとのことで脱水防止の栄養注射、腸の動きをよくする&吐き気を抑える注射、抗生剤注射と別途吐き気止めをもらって帰宅。一旦落ち着いたものの翌日も嘔吐を繰り返し、食事をまったくしないので再度病院へ。私が勤務中だったので娘が連れて行ってくれました。
血液検査と点滴。血液検査で、FIV(猫エイズ)感染していることがわかりました・・・。エイズ自体の発症はありません。(血液検査でわかります。)が現在、猫エイズに有効な治療法はありません。人間と同じ。治らない。まさか。どうして。信じられない。不安と絶望。どうしたらいいのかわからない。そんな中で、すこしでもおいもとすごす時間を無駄にしないよう、日記を書くことにしました・・・おいもが元気にはたちをむかえるまで。

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
KJR
性別:
非公開

カテゴリー

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- おいも★にっき --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]